ダーツが好きな人、お酒が好きな人、ようこそ!ここでは、管理人が経験したことを踏まえて、ダーツ、Barについてお話したいと思います。

    

JAPAN 2019 STAGE3 岐阜 決勝 大会結果・考察

男子決勝 【大城 正樹 VS 粕谷 晋】

女子決勝 【足立 菜月 VS 千葉 幸奈】

決勝動画・考察・大会結果


こちらの記事は20分程度で読めます。

目次

1.決勝動画

男子決勝 【大城 正樹 VS 粕谷 晋】

女子決勝 【足立 菜月 VS 千葉 幸奈】

▲ 目次にもどる

2.考察

・男子

粕谷選手の1LEG目、調子は好調でしたね。

お互いに譲らない攻防の中…アウトの差で大城選手が先行をブレイク

クリケットに流れを持っていきましたね。

大城選手は前年度の年間チャンピオンということもありあり、ギリギリの攻防を舞台上で制する場面に何度もぶつかってきています。粕谷選手も過去に年間チャンピオンを取ったことがあり、かなりハイレベルな勝負でしたが、直近の経験がものを言ったのか、大城選手が一枚上手でしたね。

粕谷選手の先行クリケットでは、最後は安定と確実に勝利をつかむ、落ち着いた打ち方が見えましたね…

「流石…」と言わざるを得ないうち回しでした。

4LEG目は先行を生かし大城選手が逃げ切りましたねー

外さない…大会のたびにブルの精度が上がってきていますね。

次回の大城選手の活躍に期待です。

 

・女子

この大会では鈴木選手が海外のため、欠場ということもあり、皆さん、優勝をかなり意識して、投げてきた末の決勝だったと思います。

そんな戦いから勝ち上がってきたのが、千葉選手と鈴木選手

1LEG目は上がり目勝負でした。

いかにアレンジ、アウトをスムーズに実行するか、そういった試合でした。

ギリッギリの攻防の中、制したのは、足立選手、先行のゲームをキープしました。

 

クリケットは、少しお二人らしくない飛びではあったと思いますが、必要な場面で、必要な本数をきっちり入れるという面で、千葉選手の6、7マークは輝いてました。

お互い先行のゲームをキープし、4LEGへとゲームはもつれ込みましたが、最後のアウト…とにかく締めの強さでした…

やはり、この場面で普段通りの投げ方ができない…それを乗り越えるのがプロ…とは言いたいですが、同じ人間なので、「あぁ…同じ場面なら、やってしまいそう…」というおしいおしい!の互いの連発!

 

足立選手が意地をみせましたね~

 

優勝おめでとうございます!!!

 

次回は鈴木選手が普段通り参加の大会…

足立選手が決勝で鈴木選手と…

っていうを見たいですね!!

 

▲ 目次にもどる

3.大会結果

・男子

1位  大城 正樹

2位  粕谷 晋

3位タイ 馬場 善久

3位タイ 佐藤 佑太郎

5位タイ 藤原 徹也

5位タイ 有原 竜太

5位タイ 柴田 豊和

5位タイ 座波 常輝

 

・女子

1位  足立 菜月

2位  千葉 幸奈

3位タイ 西巻 千寿子

3位タイ 田村 友乃

5位タイ 坂口 優希恵

5位タイ 宮脇 実由

5位タイ 清水 舞友

5位タイ 木村 真理子

▲ 目次にもどる

関連記事

プロフィール



こんにちは、Ryukです。ダーツバーが大好きで毎週通っています。ダーツを初めて、日は浅いですが、私はダーツバーという場所で大切な経験を沢山しました。まだまだ見習いの身ですが、少しでも、私が気付いたことや、思ったことを皆様にお伝えできたらいいな、と思います。

Twitter でフォロー

ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ

ブログサークル