【選手考察】藤原 徹也:名鑑・セッティング・活躍等

アイキャッチ

JAPANダーツプロの中でも上位の実力者の藤原徹也選手!

JAPAN年間ランキングも1桁に位置し、準決勝決勝に勝ち進んでくる選手です。

今回は藤原選手のセッティングやフォーム、趣味などについてまとめていきたいとおもいます。

こちらの記事は7分程度で読めます。

目次

1.藤原選手のプロフィール

1.1.藤原選手とは?

藤原徹也選手はJAPANに所属するプロダーツプレイヤーの一人で、常に上位入賞するほどの実力の持ち主です。

 

京都でお店も経営されており、練習を見せていただいたり、対戦することも可能です。

 

近くを通られた方は、是非一度お店の方に足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

▲ 目次にもどる

2.セッティング・グリップ

藤原選手の愛用のバレルはこちらになります。

セイバー Tetsuya SP 藤原徹也モデル

藤原選手のグリップの拡大画像はこちらになります。

出典: https://www.s-darts.com

実際に投げている様子はこちらです。

youtubeでスロー動画を見つけることができました。

 

上からやサイド、前からのスローになるので、グリップを観察でき、フォームやリリースのタイミングもじっくり見ることができますね。

 

3フィンガーですが、薬指をティップに添えて安定感を高めていますね。

 

ほぼ、4フィンガーに近いと言えるでしょう。

▲ 目次にもどる

2.1.練習方法

日本のトッププレイヤーともいえる藤原選手の練習方法とはどういったものなのでしょうか?

 

練習時間は、とにかくお店にいるときの時間を使っているようです。

 

上手くなるためのプロセスとして、練習は必要不可欠と考えるのが、藤原プロの強さの秘訣のようです。

 

練習内容は、カウントアップクリケットカウントアップを繰り返すことや、店内でお客様と対戦をしているそうです。

 

平均すると、1日6時間程度の練習をこなしているようです。

2.2.藤原選手にインタビュー

藤原選手のインタビュー動画がネットに公開されていました。

▲ 目次にもどる

3.ダーツをはじめたきっかけは?

出典:https://mkt-presents.com

ダーツを始めたきっかけは、娯楽施設に行ってダーツに触れたことから始まったそうです。

 

遊びのひとつとしてダーツをプレイしたことがきっかけで友人と対戦をしたそうです。

そのときに、自分だけ1本もブルに入らず、当時はセンスが無いと笑われ、ほとんど試合も勝てなかったそうです。

 

悔しい」と思ったことが引き金となり、練習に没頭し、思うようにダーツをコントロールできるようになったそうです。

 

やっぱり、きっかけって大切ですね!

3.1.将来の夢は?

 

藤原選手の夢は、ハードダーツでを本場のイギリスで投げ、PDCの舞台で戦うことだと言っていました。

 

ダーツプレイヤーなら、誰もが憧れるの世界ですよね!

 

藤原選手がその夢を叶える日が来るのを応援したいですね!

4.試合功績

2019 STAGE 18 岡山TOP16
2019 STAGE 17 宮城TOP8
2019 STAGE 16 神奈川3位
2019 STAGE 15 大阪準優勝
2019 STAGE 14 北海道TOP16
2019 STAGE 13 千葉TOP16

出典:http://livescore.japanprodarts.jp/

▲ 目次にもどる

5.まとめ

ダーツを楽しく、そして負けたくないという闘争心ともってプロ活動を続けていくことは、更なる舞台を目指すために大切なことですよね!

 

JAPANの試合でも藤原選手が活躍している姿をファンとして応援したいですね!

そして、これから藤原選手が様々な舞台へとステップアップすることも期待したいですね!

▲ 目次にもどる

関連記事

プロフィール


Ryuk イメージ
こんにちは、Ryukです。ダーツバーが大好きで毎週通っています。ダーツを初めて、日は浅いですが、私はダーツバーという場所で大切な経験を沢山しました。まだまだ見習いの身ですが、少しでも、私が気付いたことや、思ったことを皆様にお伝えできたらいいな、と思います。

Twitter でフォロー

ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ