ダーツで狙うのはインブルの中心!エリアではなく点を狙おう!

アイキャッチ

ダーツを投げていて、少しずつ上手くなっている感覚はあるんだけど、ブルから1ビット、2ビット外してなかなかハットトリックが出ない…

あと少しなのに…と思う人!

ブルを「だいたいこのあたり」みたいな感覚で狙っていませんか?

今回は点を狙うダーツについてお話したいと思います。

この記事はこんな方におススメ

・あと少しでブルに入らない…どうして?

・ブル率が上がらない…

・ブル率ってどうやって上げるの?

・点を狙うって良く聞くけど、どういうこと?

 

記事の内容

・アウターブルとインブルについて。

・点をねらうということ。

・シュートレンジから考えてみよう。

・ブル率の変化。

こちらの記事は7分程度で読めます。

目次

1.インナーブルとアウターブルについて。

ダーツのブルにはインナーと呼ばれるダブルブルアウターと呼ばれるシングルブルがあります。

出典: https://www.ttrinity.jp

それぞれのビット数は、

インナーブル:21個
アウターブル:137個

となります。

セパレートブルクリケットのルールでは、インナーブルとアウターブルでは得点が違います。

インナーブル:50点
アウターブル:25点

です。

 

これだけ見ても、インナーを狙えるようにした方が良いことはわかりますね。

▲ 目次にもどる

2.点で狙うということ。

点で狙うというのは、私は可能、不可能は別として、インナーブルの真ん中のビットに入れることを目標としています。

理由として、

 

・本当に狙ったところから、どれだけ外したのかわかりやすい。

点を狙えば、外す確率はとても高いですが、本当に狙ったところから、どれくらい外したのか理解できる訳です。

 

・狙ったところにピンポイントで入れば気持ちいい。

狙ったところに入れば、それは凄く快感です。ブルといってもビットはたくさんあるので、スパイダーぎりぎりのブルに入ったときに、

「ギリギリ…でも、ブルだからセーフ…本当はインナー狙ったんだけど…」

と少し、入っても後味が悪いときありますよね?

しかし、ビットを狙って入れば、正真正銘の狙い通りってやつです。

入れば、最高に「ハイ」になれます(笑

出典:漫画「ジョジョの奇妙な冒険」

 

・スタッツに囚われずに、上達を把握できる。

トリプルリング等でビットを狙っても、4ビットほど外せば、方向によっては、外れています。

しかし、本当に狙ったところから、何ビット外しているのかを知ることで、下手になってる…と迷走することもなくなります。

▲ 目次にもどる

3.外す範囲を考えてみよう。

外す範囲とは?

狙ったターゲットから、外す範囲です。

上級者になればなるほど、この範囲は狭くなります。

初心者のときは、真ん中を狙っても、外側シングルやダブルに入ることもあったでしょう。

それは、ブルを狙っても、外す範囲はボード全てということです。

 

少し上達して、ブルを狙えば、少なくともトリプルリングより内側には入るようになれば、範囲はトリプルリングより内側です。

そこまでくれば、ミニゲームの「BIG BULL」で1200点がとれるようになります。

「BIG BULL」とは

トリプルリングより内側は全てブルとして判定され、50点となる。

また、インナーは70点という計算方法になっている。

ある程度、中級者になれば、トリプルリングより外に外すことはないので、インナーに何本入れたかを競うゲームになります。

インナーを狙う癖がつくので、おススメです。

 

MOYAさんの動画でプロ選手と投げている動画があります。

こちらをご覧ください。

 

 

では、均等に外すとした場合、を狙うのと、何となくブルを狙うのでは、どれくらいが出るでしょうか?

こちらの計算については以下の記事がおススメです。

▲ 目次にもどる

4.ブル率の変化。

上記の記事でもありましたが、ブルの下の方を狙うだけで、ブル率は減少します。

しかし、人には狙い通りなげられるときと、投げれないときのがあります。

そんなときにちょうど外す範囲に何度も入った場合、「下手になっている…」と勘違いしてしまいます…

 

この波がなんとなくブルを狙う人とインナーの点を狙う人では、大きな差が開きます。

メンタル的にも良くないですよね。

 

インナーを狙えば狙うほど、ブレる範囲も減るので、波も小さくなります。

仮にブル周辺に固まって外していても、1ビットほどなら、自分の範囲で収まっていると考えて、次こそはインナーを狙いましょう!

▲ 目次にもどる

5.初心者にはおすすめしない。

初心者のころはかなり大きくはずしてしまうと思います。

そのため、1本1本の範囲を見るのはとても面倒ですし、範囲を正確に測るのはとても難しいです。

 

まずは、トリプルリングより内側外側に分けて、自分の範囲を測りましょう。

勿論、狙うのはインナーの点でも構いません。

その上で、トリプルリングより内側に何本外側に何本というように、内側に入る率を高めていくのがよいでしょう。

 

先ほど紹介した、「BIG BULL」で1200点をまずは目指してみましょう。

ミニゲームですが、インナーを狙うという練習とトリプルリングを外さないようにする、という練習の両方ができるので、とてもおすすめです。

▲ 目次にもどる

6.まとめ

実際に考えてみると、インナーを狙う大切さがわかりますね。

また、インナーを狙って、アウターに入った場合、狙ったところのキャッチだと思えば、とても気は楽になります。

 

ブル全体を見ていると、外さないように…と思ってしまいますが、インナーを狙って、2ビットほど外しても、アウターには入ります。

自分の中では、外していますが、ハットトリックです。

 

そういった練習を繰り返すことで、精度も上がっていくでしょう。

ちょっと精度に拘った練習方法もいかがでしょうか?

▲ 目次にもどる

関連記事

プロフィール


Ryuk イメージ
こんにちは、Ryukです。ダーツバーが大好きで毎週通っています。ダーツを初めて、日は浅いですが、私はダーツバーという場所で大切な経験を沢山しました。まだまだ見習いの身ですが、少しでも、私が気付いたことや、思ったことを皆様にお伝えできたらいいな、と思います。

Twitter でフォロー

ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ