ダーツが好きな人、お酒が好きな人、ようこそ!ここでは、管理人が経験したことを踏まえて、ダーツ、Barについてお話したいと思います。

    

ダーツバーって、どんな所?遊びに行ってみた!

ダーツバーに少し興味がある、でも行く機会もないし、バーも行ったことないので、少し緊張する…

私もそうでした…

「バー慣れしてる友達でもいればいいんだけど…」

と思っていました。

しかし、今では逆に一人で遊び相手の約束がつかない深夜などの空き時間を埋めてくれたり、バーに行くこと自体が毎週の楽しみになっていたりします。

今回は、私が行っているバーのマスターに協力いただき、店内撮影をさせていただきました。

店内の写真をご覧いただきながら、雰囲気を掴んでいただけたらと思います。

こちらの記事は3分程度で読めます。

目次

1.ダーツバーに行ってみた

今回撮影にご協力いただいたのは

和歌山県和歌山市友田町3-96 タウンビル8F

5’s Bar」様

和歌山駅から徒歩5分~10分ほどにある、タウンビルの最上階になります。

景色も良く、ダーツバーとしてだけでなく、デートスポットとしても最適です!

エンジョイダーツ!

ダーツを楽しんでもらいたいというマスターの気持ちが伝わってきますね!

 

いざ、お店の中へ!!

▲ 目次にもどる

2.バーの内観

見慣れていますが、超~綺麗です!!

今回は時間を見計らってきたので、貸切状態ですが、いつもはダーツ、カラオケ、雑談で賑やかなお店です!

お店の窓から見える景色駅前の街並みや、飲み屋街の街灯を見渡すことができます。

マスターはこちらの店舗の景色を上手く活かした席の配置にしています。

こんなお洒落なお店だと緊張する?

余計に入る勇気が…

と思いますが、全然大丈夫です。

こちらのマスターは扉を開けたらすぐに笑顔で迎えてくれますし、バーの中でも、お客さん同士の交流が非常に深いところです。

 

3回も行けば、すぐに友達もできるでしょう。

 

綺麗なバーを固っくるしい場所にしてしまうのも、楽しく盛り上がり、内観とその盛り上がりを同化させるのもマスター次第です。

せっかくの店舗、外観、場所を殺してしまうのもマスター次第なのです。

 

こちらのバーは、お客様のニーズに答え、且つマスターの性格や顔

こんな人がマスターなんだろうなー

と想像できるような、お店に色のある場所です。

お店では、マスターがダーツ歴が10年以上もあり、私たちの知らないダーツの歴史について、色々教えてくれます。

今日は見たことない過去のお宝映像の試合を店舗で見せていただきました。

 

今も昔もプロの試合は見ていて楽しいものですね。

「あ、この選手!10年前はこんなんだったんだー若いー(笑」

みたいな話で盛り上がりました。

▲ 目次にもどる

3.今日の遊び

その前に

バーなので、とりあえず、ワンドリンクで一服…(笑

 

常連様が一人きたところで、ダーツ開始!!

今日は人数も少ないので、試合というよりも練習メニュー!

 

せっかくなので、ダーツ初心者の方に向けて、アドバイスをいただきました。

 

フォームについて

悪い例と良い例です

 

 

どちらが綺麗か見たらわかりますよね!!

 

 

そうです。

です!(スマホの場合は下ですね)

 

ダーツに正解は無いのですが、左のように野球フォームで投げてしまうと、余計な力がかかり、体のバランスもとりにくく、安定してターゲットを射抜くのが難しいそうです。

 

この日はフォームの見直し、同じ投げ方を3回する!というテーマに練習をしました。

マスターはダーツが大好きなので、ちょっとした悩みや相談にも笑顔答えてくれますよー

近くを訪れたときは、是非一度遊びに行ってみてはいかがでしょうか?

▲ 目次にもどる

4.まとめ

どこのダーツバーに行っても必ず楽しいとは言えませんが、一つおすすめのポイントは、店舗の空気をみて、マスターの顔が見える店舗が良いと言えるでしょう。(物理的ではなく、想像してくださいね)

こちらの「5’s Bar」様は常連様やダーツ好きの若者達が学校に通うようにあつまり、宴会のように毎日盛り上がっています。

そんなバーに巡り逢えたらいいですね。

 

次回!

ダーツバーのマスターはどれくらいダーツが好きなのか?本当にダーツが好きで、お店をはじめたのか、という内容についてお話してみたいとおもいます。

▲ 目次にもどる

関連記事

プロフィール



こんにちは、Ryukです。ダーツバーが大好きで毎週通っています。ダーツを初めて、日は浅いですが、私はダーツバーという場所で大切な経験を沢山しました。まだまだ見習いの身ですが、少しでも、私が気付いたことや、思ったことを皆様にお伝えできたらいいな、と思います。

Twitter でフォロー

ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ

ブログサークル