ダーツが好きな人、お酒が好きな人、ようこそ!ここでは、管理人が経験したことを踏まえて、ダーツ、Barについてお話したいと思います。

    

ダーツを上達するにはカードは必要?

ダーツを上達するにはカードは必要?

ダーツをしていく中で必要かどうかを迫られるダーツカード。

様々な意見があるとは思いますが、自分にはまだ早いと思い作っていない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

しかし、断言しますが、もっとダーツの腕を上達させたいと考えているのならば

ダーツカードを作るのは必須といえます。

実際上級者と言われる方々はかならずと言っていいほどダーツカードを作っており、カードを存分に使いこなしています。

 

ではなぜダーツカードは必要なのでしょうか?

なくても問題なくダーツはできるのでいらないという方もいるかもしれません。

 

なので、この記事ではなぜダーツカードが必要なのか、どうやって作ることができるのかを紹介します。

こちらの記事は5分程度で読めます。

目次

1.ダーツカードが必須の理由

必要性を感じにくいと作る理由が見つけられないかもしれませんがダーツカードには様々なメリットがあります。

 

具体的には

 

レーディングを細かく知ることができる

オンライン対戦ができる

・スタッツが確認できる

・成績がすぐにわかる

 

などがあります。

 

もちろん他にもありますので使いこなすことができると上達するための強い味方となります。

 

とくにありがたいのはレーディングを正確に確認できることで、わかりづらい

自分の現時点の実力を知ることができます。

レーティングとは自分の実力を表したもので、対戦などの結果を反映しています。

つまりレーディングが高い人ほど実力のある人ということになりますので、1つの指標している方が多いです。

 

他にもダーツをしていく中で、ぼんやりとこれくらいのスタッツだといいな…

と思っているのが全国では何位ですよと教えてくれるのでやる気の向上にもつながります。

 

また、ダーツカードを作りますと自分の情報をスマホもしくはPCで確認できることになるので、いつでも閲覧することが可能になります。

いつでも見られるということはモチベーションの低下時にも見ることができ

何が自分に足りないのかを確認できますのでモチベーション復活にも有効です。

 

もちろん必ず作れというわけではありませんが、確実に作っておいた方がメリットが大きいので、まだ作っていない方は作ると良いでしょう。

 

▲ 目次にもどる

1.1.デメリット

ダーツカードを作ることにデメリットもあります。

それは、レーティングばかりを気にしてしまうことです。

勿論、レーティングが強さの指標となるので、気になるのは当然ですが

結果的に自分が上手くなっているかを確認する指標なので、下がれば、実力通りに投げれていないということを教えてくれるのがカードのレーティングなのです。

 

しかし、これを見栄を張りたいがために「レーティング下がるから今日はカードは使わない」とか「スタッツ確定したから安心」とか

レーティングばかりを気にした練習になってしまい、対戦相手に勝つことよりも、レーティングを上げることに夢中になってしまう人がいます。

 

当たり前ですが、レーティングが高くても、対戦は平等ですし、負ければ、負けは負けです。

 

なので、見栄を張っても、結果的に恥ずかしい思いをするのは自分になります。

例えばあなたがレーティング6くらいの実力なのに、10と偽ったとしましょう。

「他人からみたら、レーティング10の人って思ったより弱いんだね。」

「私レーティング7だけど、10の人に勝てたー」

「あの人レーティング10なのに対戦だと6くらいしか実力出せないんだね。」

 

と思われます。

結構ダサいですよね。

なので、練習や対戦は、とにかく試合を意識して、相手に勝つためのダーツを打ってください。そうやって出たレーティングがあなたの本当のレーティングです。

練習で自分のスキル向上につながるように良い味方にしましょう。

▲ 目次にもどる

2.カードの作り方は?

カードはダーツショップやダーツを取り扱うネットカフェ等、あらゆる場所で購入が可能です。

購入することができましたら次はカードの登録です。

どちらのカードでもネットで登録することができますので難しくはありません。

メールアドレスやパスワードなどを設定して終了となります。

また、どちらのカードも30日間はお試し期間として無料で使うことができますので

もし解約したいと思いましたらすぐに解約できます。

 

また料金は有料会員の場合300円(税抜き)となっていますので高くはありません。

無料会員で使うこともできますが、有料会員のほうが見れるコンテンツが増え、楽しさが増えますので、せっかくカードを購入したなら、有料会員がおススメです。

できるのであれば有料会員で登録してください。

▲ 目次にもどる

3.まとめ

以上のことからダーツカードは作ることにメリットがたくさんあるということがわかったと思います。

上級者の方はうまくカードを使って上達を図っていますので、同時期に始めた人でも、有ると無いとでは、モチベーションや練習方法の差が積み重なり、大きな差ができてしまうかもしれません。

それほどカードの存在は大きいものとなっています。

 

ですがもちろん強制で買えというわけではありませんので、自分に必要だなと感じたら、購入するようにしてください。

カードのデータが全てではないので、あくまで自分のダーツの実力を向上させる手助けをしてくれるものだと思ってください。

 

ダーツカードで更にダーツを面白くしていきましょう

▲ 目次にもどる

関連記事

プロフィール



こんにちは、Ryukです。ダーツバーが大好きで毎週通っています。ダーツを初めて、日は浅いですが、私はダーツバーという場所で大切な経験を沢山しました。まだまだ見習いの身ですが、少しでも、私が気付いたことや、思ったことを皆様にお伝えできたらいいな、と思います。

Twitter でフォロー

ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ

ブログサークル