ダーツバーに女の子を誘う方法は?ダーツは初心者でも楽しめる

アイキャッチ

気になる女の子や、彼女をダーツバーに誘ってみたいけどどうすればいいか分からない。

 女の子もダーツって興味はあるの?

 そんな疑問をお持ちの方に今回は、ダーツバーに女の子を誘う方法を紹介します。

 

 初心者にとってはダーツは難しそうと言うイメージがあり、女の子を誘ってもいいのかな?と少し不安になってしまう気持ちは多くの人にあるようです。

 

 女の子が求めている、ダーツバーへの誘い方をこの記事でマスターしましょう!

こちらの記事は5分程度で読めます。

目次

1.女の子を誘うタイミングは?

1.女の子を誘うタイミングは?

女の子とダーツがしたくても、まずは女の子をダーツバーに誘うことが第一歩です。

 女の子をダーツバーに誘うタイミングをパターン別に紹介します。

 

〜女の子をダーツバーに誘う方法〜

①LINEで誘ってみる

 

 ダーツバーによく通う人は、趣味の話をLINEでしているときに、誘うのが一番手っ取り早い方法です。

 

 例えば

『実はダーツバーにハマってるんだけど、今度一緒に行かない?』

『ダーツバーに〇〇ちゃんと一緒に行きたいんだけど、興味ないかな?』

 

 相手の女の子と行きたいと言う事をはっきりと伝えてダーツバーに誘いましょう。

 LINEだと顔を直接見て言わないので、一番緊張しにくい方法ですよね。

 

②職場での会話中に誘う

 

 職場等で仲の良い、LINE等で個別にメッセージを取っていない女の子を誘う時は、まずグループで誘ってみてはいかがでしょうか?

 

 職場の飲み会があれば、『プチ二次会として1時間だけ何人かで行かない?』と数人を集めて誘う方法は一番誘いやすいですよね。

 

しかし、意中の女の子一人だけ誘いたいと言う場合は、事前に2人っきりでの何気ない会話から趣味の話をして、ダーツに興味ないかな?と誘う必要があります。

 ここで注意したいのが、慣れないダーツバーに2人っきりで行くことに嫌な女性もいますので、相手の様子を伺いながら誘いましょう。

 

③デート中の会話で誘う

 

 デートするほどの女の子を誘うなら簡単!と思われる方も多いと思いますが、そこに落とし穴があります。

 仲が良いからとついついダーツの知識を長々と喋ったり、押しつけたりしていませんか?

 ダーツ初心者の女の子に自分のダーツの腕前を披露したい気持ちはすごく分かりますが、聞かれてもいない細かい知識を長々と話すのはやめましょう‼︎

 

 あくまでもダーツバーに誘って、ダーツバーに行ってから、ルールや基礎知識を話してあげて下さいね。

 難しい説明でダーツバーに行く前から、近寄りがたい雰囲気をかんじとってしまうと、女の子は行きたく無くなってしまう場合があります。

▲ 目次にもどる

2.女の子はどんな雰囲気のダーツバーに来たいのか

2.女の子はどんな雰囲気のダーツバーに来たいのか

 近年はInstagram等のSNSに夜カフェやバーの写真を素敵に上げる女子が増えています。

 せっかく行き慣れないダーツバーに行くなら、大人のお洒落な雰囲気を味わって欲しいですよね。

 

 女の子が求めてるバーやカフェの条件をまとめてみました。

 

 ①インスタ映えする写真が撮れる

 ②店内が落ち着いていて清潔感がある

 ③トイレ等が綺麗で、アメニティ等が揃っている

 

 以上のように、夜カフェのような雰囲気が女の子が来やすい条件が揃っているお店です。

 ダーツバーでは、ダーツだけを楽しむのではなく、カクテルなどのお酒も楽しめるところだと分かれば、ダーツバー初心者の女の子も行きやすいでしょう‼︎

 

気づけば、女の子は一人で通うほどの行きつけになってるかもしれません!

▲ 目次にもどる

3.ダーツバーに行くまでの方法は?

3.ダーツバーに行くまでの方法は?

ではダーツバーに行く約束をして、いざダーツバーに行く!となった際、どのようなデートプランでダーツバーに行けば良いのでしょうか?

 

①どこかでご飯をしてからダーツバーへ

 一般的にはどこかの居酒屋等でご飯を食べてから、二次会としてダーツバーに行くことが多いです。

 

 ダーツバーでは比較的ご飯を食べる事は少ないので、お腹をいっぱいにしてからスポーツとしてダーツを楽しみたいですね。

 

 飲み会等で大人数で飲んだ後に、ダーツバーに行く流れが一番女の子を誘いやすいでしょう。

 また、二人っきりでダーツバーに行きたい際でも、お酒を飲みに行った後にいつものスターバックスに行くのではなく、変化球としてダーツバーに連れて行ってあげるのも女の子は喜ぶでしょう!

 

②夜に集まりダーツバーへ

 事前に約束等していなくとも、ダーツバーは幸い、深夜まで営業しているところが多くあります。

 そのため、夜に女の子とダーツバーの話になれば、今からダーツバーに行かない?などと一言誘って、突然集合するのも良いですよね。

 

・突然集合出来ない。

・またご飯を一緒に行く時間が無い。

などといった際には、女の子と夜8時〜9時ぐらいに集合して少しだけダーツをして早めに帰ると言うプランでも女の子は行きやすいです。

▲ 目次にもどる

4.ダーツバーに行ったら教えてあげる事

4.ダーツバーに行ったら教えてあげる事

お酒の頼み方、ダーツバーでの遊び方、女の子に教えてあげたいことは山ほどありますが、まずどのような順でダーツバーについて教えればいいのか紹介します。

 

~ダーツバーで教える事~

①ダーツバーで絶対にしてはいけない事

 ダーツバーに限らず、ダーツをする際にしてはないけない事、守らないといけないルールがあります。

 

 ・プレイの邪魔になる事をしない

 

 シンプルかつ、大切な基本ルールです。

 ダーツの競技範囲である、ダーツボードからスローラインの間を通ってはいけない事は事前におしえてあげましょう。

 間を通って危険な目に遭う事も防げます。

 

 また、スロー中に話しかけることは集中力を切らして、プレイの邪魔になるのでしないように、教えてあげる事も大切です。

 ダーツバーで楽しく遊ぶために基礎を教えてあげましょう。

 

②ダーツバーでのお酒の頼み方と料金

 

 ダーツバーでお酒を頼むのは嗜み程度と考えた方がいいでしょう。

 本来の目的はダーツを楽しむという事が大切なお店ですので、お酒をたくさん飲んで馬鹿騒ぎするお店ではありません

 ですので、大人の節度をもって、素敵なお酒を頼みましょう。

 

 またダーツバーでは座るだけで席料(チャージ)がかかるところがほとんどなので、料金が思ったより高い!という事がないように、お会計を割り勘などする場合は、女の子がびっくりしないように事前に知らせておくのもいいかもしれませんね。

 

③ダーツバーでのダーツの始め方

 

 ダーツバーではまずお酒を頼んで一息ついてから、バーのマスターなどに声をかけてダーツを始めましょう。

 ダーツバーでは比較的お客さん同士の距離感が近く、初対面の人と一緒にダーツを楽しむ事も少なくありません。

 

 また、大勢で楽しくできるゲームなので、初心者の方は常連のお客さんやマスターにもダーツのルールやフォームなどの基礎知識を教えて貰うのも楽しめていいかもしれませんね。

 狙ってる女の子が他の人に教えられるのは男性にとったら少し悲しい出来事かもしれませんが…(笑)

 

④ダーツの基礎知識

 いい雰囲気になれば、最後はダーツのルールやフォームを女の子に教えてあげましょう!

 ルールを教えてダーツの練習を始める頃には、二人の距離はぐんぐん近づいているでしょう。

▲ 目次にもどる

5.まとめ

5.まとめ

今回は女の子をダーツバーに誘う方法を、誘い方からダーツバーに行ってからまでの事まで細かくまとめてみました。

 

気になる女の子をダーツバーに誘えそうですか?

ダーツ仲間を増やしてダーツをたくさん楽しみましょう!

▲ 目次にもどる

関連記事

プロフィール


Ryuk イメージ
こんにちは、Ryukです。ダーツバーが大好きで毎週通っています。ダーツを初めて、日は浅いですが、私はダーツバーという場所で大切な経験を沢山しました。まだまだ見習いの身ですが、少しでも、私が気付いたことや、思ったことを皆様にお伝えできたらいいな、と思います。

Twitter でフォロー

ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ