【ダーツのティップ】コンドルアルティメットはコスパ最強だった!

アイキャッチ

コンドルティップとして新しくなったティップの中でも最長コンドルティップアルティメット

発売されてから、時間が経ったので、皆さんの感想や自分自身で使ってみて思ったことや気づいたことをまとめていきたいと思います。

かなりおススメのティップです。

この記事はこんな方におススメ

・コンドルティップアルティメットとは?

・コンドルティップアルティメットについて知りたい。

・おすすめのティップは?

・投げてみた感想や体験談を知りたい。

 

記事の内容

・コンドルティップアルティメットとは。

・コンドルティップアルティメットの特徴。

・メリット・デメリット。

・感想・体験談。

こちらの記事は5分程度で読めます。

目次

1.コンドルティップアルティメットとは?

こちらがコンドルティップアルティメットです。

【コンドル】コンドルティップ アルティメット ブラック 40pcs
コンドル アルティメット ダーツ

 

コンドルティップアルティメットとは、簡単に説明すると、従来のコンドルティップに比べて、長くなったティップです。

現在のソフトダーツのティップの中では最長の31mmという長さになっています。

コンドルティップアルティメットの紹介がダーツショップtitoホームページに記載がありました。

 

1. 緩みにくいネジ形状

2. 折れにくい素材

3. 世界最長 31mm(2017年8月末現在)

4. 刺さったターゲットに空間が生まれ、グルーピングアップ。

5. ダーツが早く到達するので、伸びるように飛んでいるように感じる。

6. ティップに指をかける人には、滑らない形状でグリップが決まる。
  スティールバレルにより近づけた感覚。

出典:https://www.tito-shop.com/

▲ 目次にもどる

2.コンドルティップアルティメットと他のティップの違い。

ダーツ ティップ

コンドルティップアルティメットと他社のティップを比べて、どのような違いがあるのか、比較してみました。

・長さ

コンドルティップアルティメット 31mm

他社のティップの平均 24mm

・重さ

コンドルティップアルティメット 0.4g

他社のティップの平均 0.2~0.3g

・最大径

コンドルティップアルティメット 5.4mm

他社のティップの平均 5.3mm

 

▲ 目次にもどる

3.メリット・デメリット。

ダーツ グルーピング

コンドルティップアルティメットを使うことで得られるメリット・デメリットをご紹介します。

メリット

・ティップで全長を調節できる。

ダーツの全長を長くしたいと困っていた人は、ティップで調節できれば、全体に大きな影響が出ずに調節ができます。

・到達時間が早くなるため、数ミリ分の距離が縮まる。

ティップが長い分、ブルへの到達が僅かですが、早くなります。

手から離れて、到達するまでの時間を縮めることで、ミスの可能性を減らせます。

・ティップに指をかけやすくなる。

ティップに指をかけてグリップする人は、触れられる面積が広くなるため、グリップしやすくなります。

 

 

デメリット

・普通のティップに比べて高額。

値段は普通の他社のティップよりも高額です。耐久面で優れているので、実際のコストパフォーマンスとしては、それほど変わらないかもしれません。

・ダーツケースに入れるのが困難。

ケースによりますが、ティップの部分がはみ出てしまったり、綺麗に収まらないケースもあるので、注意が必要です。

▲ 目次にもどる

4.使ってみて、思ったこと。

ダーツ グリップ

今回購入にあたって、気になっていることがありました。

それは、

・コストパフォーマンス。

・グルーピング。

・刺さりやすさ。

・投げやすさ。

 

これらが他社のものと比べてどうなのか?という点でした。

 

・耐久性・コストパフォーマンスについて。

実際に使ってみると、耐久面はとても優れていました。

何度かボードに弾かれてしまうこともありましたが、ティップはほとんど曲がっていませんでした。

綺麗に刺し続けていれば、2週間くらいは変えなくてもいけそうです。

デメリットにも記載しましたが、耐久面を考慮したら何度もティップを交換することに比べ、こちらの方がコスパは良いかもしれません。

 

・刺さりやすさ。

長い分、刺さりが甘いのでは?と思っていましたが、全くそんなことはありませんでした。

むしろ先端部分のティップが長い分、先端の直径が短いため、グルーピングも上がっているように感じます。

 

・投げやすさ。

ティップに指をかける人に聞いてみると、とてもしっかり握れて、安定するそうです。

長さを気にしていた方は、バリエーションが増えたことで、ティップで長さを調節する、という選択肢が生まれ、自分の投げやすいダーツを生み出すのに役立てられます。

▲ 目次にもどる

5.ネットの評価。

ダーツ グルーピング

実際にツイッターの評判を見てみました。

良い評判

悪い評判

人によっては、折れやすいという人も居ますが、私は使ってみたところ、問題はなさそうでした…

ボードとの相性もあるのかな??

▲ 目次にもどる

6.まとめ。

ダーツ 2本

少し金額は高いですが、長い間使えることと、グルーピングやダーツの調整のアイテムとしてはとても優秀だと感じました。

ティップの長さが長くなることにより、ダーツが刺さったときに、少し揺れやすくなります。

綺麗に刺されば、刺さるほど揺れも小さくなるので、自分が綺麗に飛ばせているか確認する道具のひとつとしても、コンドルアルティメットは優れています。

一度試しに使ってみてはいかがでしょうか?

関連記事