ダーツが好きな人、お酒が好きな人、ようこそ!ここでは、管理人が経験したことを踏まえて、ダーツ、Barについてお話したいと思います。

    

5分で覚えるダーツのルール(ゼロワン)

友人や知人の飲み会で娯楽の一環として、ダーツを投げることがあるでしょう。
合コンや彼女の前でちょっとカッコイイところを見せるためにも、知っておいて損はないでしょう。

この記事は5分程度で読めます。

目次


1.ゼロワンとは

ゼロワンは、301・501・701・901・1101・1501の全部で6種類のゲームがあります。

すべてのゲームにおいて、下2桁の数字が01であることから、ゼロワンと呼ばれています。 

少しダーツを知っている仲では、301のゲームを「サンマル」、501を「ゴーマル」と言うことが多いです。

まずは、ゼロワンは6種類あることから覚えてください。
そして、これらのゲームはほぼルールは同じです。では、実際にゼロワンをやっていきましょう!

▲ 目次にもどる

2.ゲームを始める準備

まず、各プレイヤーは自分のダーツを3本持ちましょう。


ダーツでは、各プレイヤーは3本連続で投げ、次のプレイヤーに交代です。


3本投げるまで、1本目、2本目の矢は抜いてはいけません。では、ゲームを始めましょう。


2.1ゲームを始め方


2人なら先行、後攻3人~4人なら、投げる順番を決めてください。決め方は皆同じくらいの実力であれば、じゃんけん等で構いません。 

※経験者の先行後攻の決め方(コーク

 コークとは、ゲーム開始前にコイントス、じゃんけん等で先行後攻を決めて、各プレイヤーが1本ずつダーツを投げブルに近いプレイヤーがこれから始めるゲームの先行か後攻を選ぶ権利が与えられます。実力差があると、上手い人にほとんど先行を取られてしまうため、初心者のうちはじゃんけん等で決めるのが無難です。

この後に説明しますが、ゼロワンは先に投げる人が有利なゲームです。


実力差がある場合は経験者の方は後に投げる方が良いでしょう。次に6種類のゲームですが、301~1501の中から選択します。


数字の大きさは難易度の順だと思ってください。「ゲームの選択」「投げる順番」「各プレイヤーが自分のダーツを3本用意」
ここまでできたら、ダーツマシンを操作し、ゲームスタートです。


1番目に投げるプレイヤーがスローラインに立ち、初めの3本を投げてください。

▲ 目次にもどる

3.勝敗を決めるには

ここからはゼロワンのルールです。


初めに決めた数字を先に「0」にした方が勝ちです。


※ダーツの点数計算については こちら


注意しなければいけないのは、ちょうど「0」にする必要があるのです。

残り点数が「5」の場合、1本目に「20」に刺さった場合
-15」となり、点数は自分が投げる前の点数まで戻ってしまいます。


そして、この状態になった場合は、残りの矢を投げることはできず、自分の番は終了となります。


これを「バースト」といいます。


投げる前まで戻る←ここ重要です。


仮に自分の残り点数「21」だった場合。


1本目「17」に命中 残りは「4
2本目「5」に命中 「-1」となりバースト 3本目は投げることができません。


点数は投げる前なので、「21」までリセットされます。最後にちょうど「0」にするという点以外は、基本的に高い点数を狙い、自分の番になるべく多くの点数を減らすことを目指してください。


見事点数を「0」にすることができれば、あなたの勝利となります。先に「0」にした方が勝ちなので、先行が有利なゲームとなっています。


注意:バスケットのフリースローのように先行側が「0」になっても同じ番の後攻が「0」にしたら、ゲーム継続というルールはない。

なので、先行が「0」にした時点で先行の価値である。そのため、先に点数を減らせる先行が有利とされています。


4.まとめ

ゼロワンは301~1501の5種類で、下2桁の数字から「ゼロワン」と呼ばれている。

一人3本ずつダーツを投げ、先に「0」にした方が勝ち。

しかし、ちょうど「0」でなければ、数字はリセットされ、次の人に番が回ってしまう。

誰よりも早く点数を「0」にする(あがり)を目指そう!!

▲ 目次にもどる

関連記事

プロフィール



こんにちは、Ryukです。ダーツバーが大好きで毎週通っています。ダーツを初めて、日は浅いですが、私はダーツバーという場所で大切な経験を沢山しました。まだまだ見習いの身ですが、少しでも、私が気付いたことや、思ったことを皆様にお伝えできたらいいな、と思います。

Twitter でフォロー

ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ

ブログサークル