ダーツが好きな人、お酒が好きな人、ようこそ!ここでは、管理人が経験したことを踏まえて、ダーツ、Barについてお話したいと思います。

    

5分で覚えるダーツのルール(スタンダードクリケット)

スタンダードクリケットで狙うエリアは、15・16・17・18・19・20・ブル

このナンバー以外は使用しません。

他のナンバーに刺さった場合は無効となります。 

こちらの記事は5分程度で読めます。

目次

 

 

1.スタンダードクリケットとは?

プロでも使用されるダーツ競技ルールの一つで、「S.CRICET」や「CR」と略されることがあります。


ルールはゼロワンよりは少し複雑で、陣地とりゲームのような仕様になっています。 ※ゼロワンのルールはこちら

▲ 目次にもどる

 

2.狙うところ、使用するナンバー

なるべく相手より早く陣地を取り、点数を増やしていくゲームです。


使用するナンバーは15~20とブルだけ、そこに3回当てると(同じナンバーに)、自分の陣地になります。


はじめにもお話しましたが、このナンバー以外のところに刺さっても無効です。

4回目以降は加点となります。

例20を狙う場合
1本目(1カウント)、2本目(2カウント)、3本目(3カウント)4本目(20点の加点)
これは、あくまで、シングルエリアの話をしましたが、ダブルエリアに入った場合、1本で2カウント扱い、トリプルエリアの場合は3カウント扱いとなります。


2カウント入っているところにトリプルを入れると5本分のカウントがあるので、2カウント分は加点となり、20の場合は40点となります。

加点のことを考えると大きいナンバーが有利なので、20のエリアから狙うのが一般的です。

▲ 目次にもどる

 

3.ゲームのルール、始め方

先行後攻を決め、順にダーツを3本ずつ投げます。


クリケットは同じところに3本入ることで自分の陣地とすることができますが、相手が同じエリアに3本入れるとクローズ(カット)といいそのナンバーはお互いの陣地ではなくなり、そのゲーム間では再度同じナンバーに入れても、そのナンバーが復活することはありません


ゲームの流れとしては

プレイヤー1  20オープン              P1  0点 P2  0点

プレイヤー2  19オープン 19点加点         P1  0点 P2 19点

プレイヤー1  40点加点19に3カウント(クローズ)   P1 40点 P2 19点

プレイヤー2  18オープン                 P1 40点 P2 19点

プレイヤー1  20点加点                 P1 60点 P2 19点

プレイヤー2  54点(18トリプル)加点 20(クローズ)P1 60点 P2 73点

こういった形で相手より、多く点数をとり、相手の得点源である陣地をどんどんクローズしていく
これがゲームの流れとなります。
もちろん、得点をとらず、先に陣地を広げるのも作戦の一つです。
自分に合った戦略を考え、上手く相手を追い詰めていきましょう。

▲ 目次にもどる

 

4.勝敗のつけ方

上記で話したようにクローズをしていくと、最終的に得点をとれる場所がなくなります。
勝利方法1.相手より得点を取っている状態相手の陣地を全てクローズ(相手が得点を逆転することが無くなるため)

2.ラウンド終了時、得点の多い方の勝利

勝利条件から、陣地も大切ですが、何より相手の得点を上回ることが大切であることが読み取れますね。

▲ 目次にもどる

 

5.まとめ

クリケットは陣地取りゲームであり、特定のナンバーのみを使用する。まずは、使うナンバーのところにダーツを3本入れ、オープンしよう。


相手の得点を上回ったら、相手の得点源である陣地をクローズしよう。


自分なりの攻め方で、得点、陣地を広げ、相手を追い詰めよう。

▲ 目次にもどる

関連記事

プロフィール



こんにちは、Ryukです。ダーツバーが大好きで毎週通っています。ダーツを初めて、日は浅いですが、私はダーツバーという場所で大切な経験を沢山しました。まだまだ見習いの身ですが、少しでも、私が気付いたことや、思ったことを皆様にお伝えできたらいいな、と思います。

Twitter でフォロー

ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ

ブログサークル